新店舗開業のラーメン屋に心がける。

と合う駅舎構内に新しくラーメン屋が開始。小道具には備え麺のフォトがはっていらっしゃる。これは多分備え麺がメインのラーメン屋だろう。これは行かなくてはならない。そんなふうに思って毎日を越す。昼めしはラーメンを食べない。なぜなら夜は備え麺だから。必要の電話していても備え麺のことを感じ取る。コンベンションの時も備え麺のことを考える。必要の事例なんかかんえてはいないのだ。残業しなくてはならなくなった。仕方がない。残業するか。しあし、頭の中は備え麺のことばかり。あの佳麗の居残る麺がスープに浸かってテーストが入れ代わりそれを丸ごと口の中にかっこむ。ラーメンとはまた違うテーストを楽しめるのだ。そんな嬉しいビジョンを心に秘めてさて終業。即座にショップを現れる。友人から呑みのガイドがあったがちょい用事あるからといって退ける。急ぎ急いで駅舎構内へ。すると、開始から最初ウィークは22場面でフィニッシュと書いてあり店内は暗闇。一気に友人に電話して飲み会に参加しましたね。お金 を 借り れる