再燃した趣味 ポケットモンスター サン・ムーン

子供のころにはまったゲーム。
それは、ポケットモンスター通称ポケモンである。
最近、最新作のサン・ムーンが発売され懐かしくなって購入してみた。
大人になってもゲームなんて・・・と思う方もいるかもしれない。
しかし、ポケモンは思ったよりも奥が深いゲームなのである。
その奥を深くしているものは、ポケモンのモンスターが持っている数値、いわゆる3値と呼ばれるものである。
3値とは、種族値・個体値・努力値の3つの値である。
簡単に説明すると
・モンスターは種類によって強い・弱いの差があるのがあるのが種族値。
・同じモンスターでも個体によって強い・弱いの差があるのが個体値。
・同じモンスターでも育て方によって強さが変化するのが努力値
である。
小学生がゲームをするときに、ここまで難しいことを考えながらゲームをするであろうか?
少なくとも当時の私は、この値のことを知らなかった。
この数値を意識することなくゲームを楽しむことができたのだ。
だったら大人たちはどうだろう?
ゲーム内容が単純なものであれば、大人たちがはまったりはしないだろう。
しかし、大人たちはこの3値を突き詰めるというやりこみ要素によって、よりゲームを楽しむことができるのだ。
私はここにポケモンがロングヒットしている所以があると感じている。
ゲームは基本的には子供たちが楽しむものである。
しかし、それだけでは長年愛されるコンテンツにはなりえない。
大人たちも夢中になれる要素を取り込んでこそ最高のゲームといえるのではないか、と私は考える。https://www.nolaschoolvolunteers.org/